静岡県では、食品関連産業の振興と集積を目指す「フーズ・サイエンスヒルズプロジェクト」を推進しています。

戦略2 ~つくる~ 高付加価値型食品等の製品開発

機能性素材を活用した製品開発、国等の大型研究開発資金で創出したシーズの企業への移転、異分野技術を導入した新たな食品加工機械・加工技術の開発等を促進していきます。

科学的根拠に基づく製品開発

食品の新たな機能性表示制度に対応するため、静岡県立大学と連携し健康効果の科学的根拠を証明する体制を整備しています。

機能性食品パイロットプラントを活用した製品化支援

県工業技術研究所に整備した中間規模食品加工設備・機器を企業へ開放するとともに、ノウハウもあわせて提供することにより、事業化に必要な技術開発を支援しています。

製品開発支援

食品等開発研究会

食品関連企業等で構成する「食品等開発研究会」を立ち上げ、企業同士の連携を基盤に新商品の開発を目指します。

育成型企業研究会 各テーマに基づき食品異業種が連携して新商品の開発手法を習得します。
機能性素材
活用研究会
機能性食品素材企業と末端商品製造企業が連携して機能性食品等の試作品開発に取り組みます。

食品等開発助成事業

地域資源を活用した付加価値の高い食品の製品化に向けた試作品開発・実証試験を行う県内中小企業者・農林漁業者に対して、その事業費の一部を助成しています。

事業区分 助成限度額 助成率
機能性食品等 2,000千円以内 対象経費の1/2以内
食品加工機械
加工食品等 1,000千円以内

セミナーの開催

seminer
製品開発に役立つ講演や地元企業の取り組み事例などプロジェクトの成果発表を行っています。また、講師やセミナー参加者による交流会も開催し、参加企業の情報交換を図っています。

 

kiwamerutukuruurusodaterututaeru

PAGETOP