静岡県では、食品関連産業の振興と集積を目指す「フーズ・サイエンスヒルズプロジェクト」を推進しています。

第2次戦略計画

フーズ・サイエンスヒルズプロジェクト第2次戦略計画

静岡県では、これまで蓄積してきたさまざまな実績をより発展させるため、フーズ・サイエンスヒルズプロジェクト第2次戦略計画(平成27〜31年度)を推進しています。

平成27年3月に静岡県が策定したフーズ・サイエンスヒルズプロジェクト第2次戦略計画はコチラからご覧いただけます。

kakudai1

基本目標

◆ 食品関連産業の活性化による「ふじのくに静岡の経済発展」と「世界の人々の健康増進」

施策展開の方向

◆ 地域資源を活用した高付加価値型食品等の開発・生産と販売促進

コンセプト

◆ サイエンスの確立 科学的根拠に基づいた機能性に優れた商品づくり

◆ マーケットの獲得 機能性表示による付加価値の 「見える化」新たな国内・海外の市場の獲得

renkei

 

5つの戦略

kiwamerutukuruurusodaterututaeru

達成目標

区 分 項 目 平成27~31年度
戦略1 きわめる 産学官連携による食品関連の研究件数 300件(累計)
ヒト介入試験実施件数 50件(累計)
戦略2 つくる 事業化件数(市販された製品の件数) 100件(累計)
戦略3 うる 販売促進支援件数 300件(累計)
戦略4 そだてる 産学官連携による人材育成数 130人(累計)
戦略5 つたえる フーズ・サイエンスセンターから情報提供を希望する企業数 750社(平成31年度)
総合指標 「食料品」と「飲料等」の合計付加価値額 1兆円(平成31年)
「食料品」と「飲料等」の合計製造品出荷額等の全国順位 1位(平成31年)
PAGETOP